スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

初期設定

pixivから来てくださった方向けに
「悪魔の流儀」のらくがきなどを。

初描き涜神くん
02.jpg
この時、シュタゲを見たばかりだったので白衣になっちゃった。
社畜なイメージで。


01.jpg
悪魔がみんなブロッコリーを食べているわけではなく、
彼の主食がそうなだけです。
彼が食すのは、月の光のみを浴びて育った月光ブロッコリーというお野菜。



凪くんの髪型は、今だに良く分かりません。
03.jpg

04.jpg
シロさんの名前は鎌柄死朗です。単純明快に。
名前って、普通はその世界で「良い意味」のものが付けられるので
涜神くんもそうですが、あちらの世界で一般的且つ良い意味の名前
になっております。


ネームはこんな感じです。
05.jpg

ここまでご覧頂いた皆様、本当にありがとうございました!!




応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログへ  人気ブログランキングへ  

スポンサーサイト
08:29 | ◆らくがき | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

外壁としてどうよ

ここはイスタンブルからバスで約6時間、
トロイ観光の起点となるチャナッカレという町の船着き場。
イスケレ1


イスケレ2

まさかとは思うけど、まさか、発泡スチロールじゃないよね。コレ。
しかもぺらっぺらの。
イスケレ3

あ、スタイロフォーム?
そうだよねー、公共施設だしさー、外壁はこれぐらい強度がないと・・・・
イスケレ4

って、ぅおい!文化祭かっ!!






◆本日のトルコタイル◆

こんな小箱はいかがでしょう。
箱





応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログへ  人気ブログランキングへ  
05:54 | ◆トルコ暮らし | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

非日常的日常

「う~ん、どうやって行こうかなぁ。」

「やっぱテロこわいからさー、地下鉄はやめとく?」

こんな会話が日常になっちまった、今日この頃。




こわいのは、こんな遊具だけにしといて欲しかった。
遊具1




遊具2










◆本日のトルコタイル◆


時計草とリス。もぐもぐ。
りす



★こちらでご紹介している作品は、イスタンブルの新市街、
シシリ・ジャーミーより徒歩3分のアトリエ・チニチニにて販売しております。
[お問い合わせ先] istanbultile@gmail.com






応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログへ  人気ブログランキングへ  


07:07 | ◆トルコ暮らし | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

紅白のBUMP

ボヤボヤしてたら、2000年代がもう16年目ですよ。
ウカウカしていられませんよ、ホントに。

えー、今年のお正月もトルコにいます。
イスタンブル、大晦日は雪降ってました。

今年の紅白はバンプが出るってんで、リアルタイムではなかったんですが
ネットの動画を拾って観ました。そこだけ。

最後の、ピックを咥えて弾くところがたまりませんね。
たまらなかったので賀状にしちまいました。
2016 年賀状 送信用

何が書いてあるかよく分からないあなたは、きっと日本人のはず。
これ、「electroharmonix」という、日本語のカタカナを英字デザインに
取り入れたフォントです。
日本人だとどうしてもカタカナに見えちゃって「???」となる。

例えば、ム→A、カ→H、ア→Pといった具合に、まぁ、言われてみれば
確かにそうも読める。
外国の人にはカタカナの概念が無いので、普通にアルファベットに見える
のだそうだ。

このフォント、面白いなぁ。と思っていたら、海外のオタク系サイトで
使われていて、あ、なんかカッコイイ!と思ったんですよね。
外国語なのに日本的、というか日本っぽさを表現できるという。
カッコイイので一回使ってみたかったんです。

そんなわけで、「2016 A HAPPY NEW YEAR」と、書いてあります。
両サイドは、英字で打てるバンプの曲をテキトーに並べてあります。

あ、今年もどうぞよろしくお願いします。





◆本日のトルコタイル◆

新年、ということで、大き目のものを。
て、画像ちっさい。

実物は縦40cm横80cmです。
ムシュフシュっていう、バビロニアの幻獣です。
頭が毒蛇で、前足がライオン、後ろ足が鷲、尻尾がサソリな
超絶ハイブリットです。
ムシュフシュ 送信用


イスタンブルの考古学博物館の敷地内、古代オリエント美術博物館(Eski Şark
Eserler Müzesi)に、このムシュフシュの彩釉レンガがあります。
煉瓦ムシュフシュ
メソポタミアの新バビロニアのネブカドネザル2世が
紀元前575年に作ったイシュタル門の壁面装飾なんだけど、
これ見て、ムシュフシュ描きてー!!
と思いました。




応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログへ  人気ブログランキングへ  


09:47 | ◆らくがき | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

贅沢なメモ用紙

メモ用紙と化しているトルコのお札。
001_2015040401500222f.jpg



書く位置が、透かしの入っているこの辺に集中しているのが面白い。
お札

「わー、なんか書く紙、紙。」
と咄嗟にメモる時に、一番見やすい空白を選んでいるようである。









◆本日のトルコタイル◆


気が付いたら、また春が巡ってきていたという。
トルコタイル定番の柄、「春の樹」。
バハルダル2



★こちらでご紹介している作品は、イスタンブルの新市街、
シシリ・ジャーミーより徒歩3分のアトリエ・チニチニにて販売しております。
[お問い合わせ先] istanbultile@gmail.com





応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログへ  人気ブログランキングへ  










02:21 | ◆トルコ暮らし | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。