外壁としてどうよ

ここはイスタンブルからバスで約6時間、
トロイ観光の起点となるチャナッカレという町の船着き場。
イスケレ1


イスケレ2

まさかとは思うけど、まさか、発泡スチロールじゃないよね。コレ。
しかもぺらっぺらの。
イスケレ3

あ、スタイロフォーム?
そうだよねー、公共施設だしさー、外壁はこれぐらい強度がないと・・・・
イスケレ4

って、ぅおい!文化祭かっ!!






◆本日のトルコタイル◆

こんな小箱はいかがでしょう。
箱





応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログへ  人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト
05:54 | ◆トルコ暮らし | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

非日常的日常

「う~ん、どうやって行こうかなぁ。」

「やっぱテロこわいからさー、地下鉄はやめとく?」

こんな会話が日常になっちまった、今日この頃。




こわいのは、こんな遊具だけにしといて欲しかった。
遊具1




遊具2










◆本日のトルコタイル◆


時計草とリス。もぐもぐ。
りす



★こちらでご紹介している作品は、イスタンブルの新市街、
シシリ・ジャーミーより徒歩3分のアトリエ・チニチニにて販売しております。
[お問い合わせ先] istanbultile@gmail.com






応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログへ  人気ブログランキングへ  


07:07 | ◆トルコ暮らし | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

贅沢なメモ用紙

メモ用紙と化しているトルコのお札。
001_2015040401500222f.jpg



書く位置が、透かしの入っているこの辺に集中しているのが面白い。
お札

「わー、なんか書く紙、紙。」
と咄嗟にメモる時に、一番見やすい空白を選んでいるようである。









◆本日のトルコタイル◆


気が付いたら、また春が巡ってきていたという。
トルコタイル定番の柄、「春の樹」。
バハルダル2



★こちらでご紹介している作品は、イスタンブルの新市街、
シシリ・ジャーミーより徒歩3分のアトリエ・チニチニにて販売しております。
[お問い合わせ先] istanbultile@gmail.com





応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログへ  人気ブログランキングへ  










02:21 | ◆トルコ暮らし | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

卵のサイズ

トルコで売っている卵。
スーパーで買うのは、このaybarとゆうやつが好きである。
卵1

卵を買う時に、開けてみて割れていないかのチェックは
欠かせない。
かなりの確率で、割れているからである。

割れてさえいなければ、
こういうの、自分はあんまり気にしない方なんですが、
一言申し上げても良いでしょうか。


サイズ、違いすぎね?
卵3





卵2
見れば見るほど、アバウトなMサイズ規格。







◆本日のトルコタイル◆


右下に居る、これまたサイズ感無視のウサギ。
鳥



★こちらでご紹介している作品は、イスタンブルの新市街、
シシリ・ジャーミーより徒歩3分のアトリエ・チニチニにて販売しております。
[お問い合わせ先] istanbultile@gmail.com





応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログへ  人気ブログランキングへ  


01:50 | ◆トルコ暮らし | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

花*花*花

ボドルムからの移動途中に、ベチンという遺跡に立ち寄る。
オリーブ畑に囲まれた、ほとんど見学者のいない遺跡。
チケット売り場の兄ちゃん達、ヒマそうだったなぁ。
039.jpg

要するに、廃墟である。
041_20140823051512f66.jpg

異国の廃墟ってのは、なんかこう、別世界でいいね。


この後、セルチュクという街に向かい、そこで一泊。
「ブーメラン・ゲスト・ハウス」というホテルで、ゲスト・ハウスっつう
ぐらいでドミトリーもあるらしいのだが、バックパッカー未経験の
軟弱なオイラはフツーのお部屋に泊まりました。

フレンドリーでとても居心地の良い雰囲気だけど、
トルコで何故に「ブーメラン」?とか、レストランに連なっている
中国の赤いぼんぼりは一体?メニューにもやたら本格中華があるぞ?
そしてディスプレイの国旗はオーストラリアと中国ばっかだ。

その謎は、オーナーさんがオーストラリア人で、その奥さんが
香港出身の中国人ということで解けた。
でも、そんなカップルが、何でまたトルコでホテル経営?

ああ、セルチュクは、聖ヨハネ教会跡があったり、有名なエフェソスの
遺跡観光の拠点だから、欧米人の観光客が多いよな。
そして、最近はトルコに観光に来る中国人がすごく増えてきている。
なるほどー。合点。

で、次に向かったのがオデミシュとティレ。

トルコの手芸に、糸を使ったオヤという飾りがある。
実は、結構好きなの。このオヤってやつ。
オデミシュには、このオヤの市場が立つと聞いて
一度行ってみたかったの。
052.jpg


行ってみたら、オヤだけが売ってるわけじゃなくて、
レース編みとかもある手仕事バザールといった感じ。
でも、確かにオヤ率高し。
RIMG3354.jpg

RIMG3348.jpg


咲き乱れるオヤの花*花*花。
RIMG3356.jpg

RIMG3353.jpg



そして次はティレへ。
フェルトが有名らしいけど、ちょっとお腹空いたよ。
まずは、食べよう。
有名なのはフェルトだけではないのだ。
そう・・・・・

ティレと言えば、むしろキョフテ。
RIMG3374.jpg
元々、お肉はあんまり好きじゃないんだけど、このキョフテはひじょ~に
美味しかった。

付け合せもちょっと変わってて、オイリーな玉ねぎ&ナスのスマック掛け。
RIMG3376.jpg


食べ終わって、じゃ、お会計を・・・・と思っていると、なんと!
RIMG3383.jpg
こんなデザートがサービスで出てきたよ!!
え?何?ガイジンでラッキー!ってやつですか?

実はこれもティレの名物で、乳清の桑の実ソースがけ。
見かけほどは甘くなくて、以外と食べやすい。



さて。お腹も満足したんで、フェルト屋さんへ。
061.jpg

ここのフェルトは、素朴でかわいい。
RIMG3401.jpg

RIMG3400.jpg

064.jpg


そんなこんなで、オデミシュとティレも楽しかった♪






◆本日のトルコタイル◆


月が綺麗な季節よね。
お月見うさぎ



★こちらでご紹介している作品は、イスタンブルの新市街、
シシリ・ジャーミーより徒歩3分のアトリエ・チニチニにて販売しております。
[お問い合わせ先] istanbultile@gmail.com




応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログへ  人気ブログランキングへ  


01:27 | ◆トルコ暮らし | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑