イスタンブルにマンガ展がやって来た!

何と。やって来たんですよ。
びっくりですよ。

会場は、イスタンブル・モダンという海沿いにある現代美術館。
会場

今月の5日~17日までの展示だったんですけど、初日にはジャンプ編集長
自らの講演という力の入れよう。
わー、どうしたんだー!何事が起きたんだー!
と思ったら、新聞等で報道されてるように、イスラム圏への新規市場開拓に
乗り出した・・・ということらしいんですが。
まぁ、そうでもなければこんな大々的なマンガ展がトルコで見られるなんて
有り得ないでしょうからね。
たまたま、そういう時期にここに居合わすことができたのはラッキーでした。看板

「マンガを発見せよ -少年ジャンプの世界-」展・・・という感じですか。
ほんと、発見してってくださいね。トルコのみなさん。

展示はこの広い美術館の1階、館内図書館を挟んだスペースで行われてました。
基本、撮影禁止だったんで「撮影おけ。」の表示があるとこだけ撮ってきた次第。

はい、入口~。
入口
うわー、ここほんとにトルコですかー!?
ジャンフェスに来ちゃったかと思ったよ。

入ってすぐ、尾田先生の直筆サインがずらり。
とりあえず、旬なエース。
エース色紙

ここの向かい側に、ジャンプ執筆陣の先生方のカラーイラストやリトグラフが展示してまつた。
のっけはジャンプの顔とも言える「こち亀」。で、次に「キャプテン翼」。
なんでかっていうと、アニメが放映されてたんでトルコではキャプつば案外有名なんです。
トルコの国民的スポーツ、サッカーだし。

その後、ワンピ、ドラゴンボール、ナルト、デスノ、銀魂、ブリーチ、リボーンなんか
の美麗イラストが続きます。トリコとかDグレもあった。
あ、今気がついたんだけど、スラムダンク無かったなぁ。
色々、事情ってもんがあるんでしょうが、サッカー大人気のトルコで実はバスケも
ちょっと人気ある。トルコ、実は結構バスケ強い。
トルコ語版ジャンプ出すんなら、スラムダンクは入れた方がいいと思うんですけどね。

イラスト展示が終わると、突き当たりの小部屋でナルトのVOMIC流してました。
右にちょっと見えてるのがそう。
ナルト

ナルトもこっちで人気あります。TV放映は無いんだけど、みんなネットの動画
で見てるんですよねー。ワンピもそう。
アニメをネットの動画で見てるから、案外知ってるんですよ。
専用の翻訳サイトがあって、人気アニメはもうトルコ語字幕で見ちゃってる。
ナルトは特に、ニンジャものってことで受けがいいのかも。
この巨大ナルトイラストの横に、「さぁ、君も影分身の術を体験!」みたいな
自分の映像を取り込んで合成して遊ぶイベントみたいのがあった。

-次回へつづく-

スポンサーサイト
02:18 | ◆マンガ・アニメ | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑