霧雨が降る森に嘆く

須賀くん

人とは、斯くも同じ過ちを犯してしまう生き物であったのだ。

反射神経が鈍いのは、分かっていた。
キーボード操作がへたっぴなのも、重々承知していた。

そうだった。
ちょっとでも追いかけ要素があると
自分は絶対にクリアできないんだった。

化け物が出てくると、絶対に逃げきることができない。
本当に何回やっても、絶対に逃げきることができない。

ストーリーが気になって気になって気になって仕方がないのに
全く先に進めません・・・・
誰か、たすけてください、だれ・・・・か・・・・

ううう。

そうやって、Ibも断念したんだった。
そうやって、霧雨が降る森も断念を余儀なくされつつあります。

どちらも、難易度が高いゲームじゃないのにね。
どんだけ下手なんだ、自分・・・・。

はう~。号泣。

まぁ、でも、祝コミカライズ!






◆本日のトルコタイル◆

トルコの民族衣装、カフタン。
トプカプ宮殿とか行くと、トルコの昔の王様「スルタン」
が着ていた綺麗なカフタンが見られるよ。

カフタン2



★こちらでご紹介している作品は、イスタンブルの新市街、
シシリ・ジャーミーより徒歩3分のアトリエ・チニチニにて販売しております。
[お問い合わせ先] istanbultile@gmail.com




応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログへ  人気ブログランキングへ  

スポンサーサイト
00:23 | ◆らくがき | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑