スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

イスタンブルに使徒、襲来

てなわけで。
行ってきました、第7回 イスタンブル日本映画際。

この映画祭は、最近の話題作からモノクロの名作まで、幅広く日本映画
を紹介している上に入場無料というありがたい企画なのであります。
で、毎回何本かのアニメを入れてきてくれるんですよね。

今までも、「銀河鉄道999」とか「COWBOY BEBOP-天国の扉-」とか観に
行ってました。ついでだったから観て、すごく良かったのは「河童のクゥと夏休み」。

さてさて、今回上映のアニメは。
「ラピュタ」と「秒速5センチメートル」と「新劇場版ヱヴァンゲリヲン 序・破」。
わー、エヴァやってくれんの?
じゃ、行っちゃうよ?観に行っちゃうよ?
他の2本も名作だけど、ラピュタってこっちでもテレビ放映してるし、トルコ語
吹き替え版DVDも出てるし。(持ってるし。)


この日、アニメを観に行くという理由でもなければ、起きているハズもない日曜の
朝っぱら、メトロに乗ってレベントに向かう。
映画祭4



会場は、大体いつも同じ。ここレベント文化センター。
映画祭3


がんばって早起き(?)した甲斐あったなぁ。
こんないい席、陣取っちゃったよ。
映画祭1
空いてるじゃん、と思うなかれ。上映中はほぼ満席となるのだ。

それにしても・・・。
オタクの風体ってのはなぜにこうワールドワイドというか、無駄にグローバル
スタンダードが確立されているというか。
いや、人のこたぁ言えませんがね。
「君、そのままアキバ歩いてても違和感なさすぎ。」なトルコ人って想像できますか?
今、自分の周りはそんな若人で一杯です。

会場では、昨年のイスタンブル現代美術館でのマンガ展のパンフも置いてあって、
若い子達が結構席で読んでたなぁ。こういう、地道な宣伝活動が何とも微笑ましい。

映画では画面の下に設置されたスクリーンにトルコ語字幕が出るんだけど、
前回一緒に来たトルコ人の友人に「ちゃんと字幕見える?」って聞かれて
「いや、字幕・・・見ないから。」「???(間)あ、そっかー!、そりゃそーだよね!」
普段はトルコ語のダメっぷりに気後れしまくりな自分だが、この時だけは
「字幕が必要ない」というささやかな優越感に浸れた事を思い出す。

言葉の話から、そのまま作品の感想を言わせて頂くと・・・

漢字かっこいい。かっこよすぎ。

日本マンガでの日本語のカッコ良さについて言ったばかりでアレなんですが。
これは当時TV版を見てた時から思ってたことなんです。
計器類、インジケーター、サイン等にこんなに漢字がふんだんに、しかも
効果的に使われているのを何しろ見たことが無かった。

それまでのロボットアニメとか、いやアニメに限らずSF映画でも何でも、
「未来」が舞台になってる世界ではそれらは当然のように英語であって、
それは多分、最先端のものは英語。という先入観や暗黙の了解みたいなもの
があったからなんだろう。英語圏の作品なら、それは当たり前のことなのかも
しれない。
でも考えてみたら、未来感を出す為に使われる言語が母国語じゃないって、
結構卑屈じゃないですかね?
実際、この作品で使われている計器の表記はかっこよすぎる。
「警告」とか、危機感倍増ですよ。
そこは「WARNING」よか「警告」ですよ。やっぱ。

臨場感が違うね。これを、実写映画でやったら失敗するのかもしれない所が、
アニメだと、もうアニメ自体がファンタジー(何しろ2次元。)なもんだから、
現実とファンタジーが絶妙にブレンドされて非常にいい感じ。

それに輸入マンガの記事でも触れたように、漢字は視覚に訴えてくる文字なんで
フラッシュカットの手法に合ってんですよ。

エヴァの魅力って、ストーリー、キャラクター、世界観、音楽、全部をひっくる
めて語れるんでしょうけど、ま、その中でも特にね。
自分のエヴァに対して持っている印象はこの文字使いのかっこよさってことで。

あー、あと、あれだ。渚カヲルが。
ごめ。核心、ここだった。
でもキャラ的には結構ゲンドウ好き。
シンジの乗ってる初号機にダミーシステムを適用する時の、あの非情な笑みにはやられた。


トルコの皆さんの反応、面白かったっすね。
笑わせる場面では、皆さん本当にストレートにどっと笑ってくれるとか、
そういう素直な反応が嬉しい。
そして、概ねお色気シーンの受けが良い。
ミサトが缶を取り上げても、ストローでアスカの胸がギリ見えないとかが
すごく受けてました。


お色気ギャグは、世界を救う。のかもしれない。





応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログへ  人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト
08:19 | ◆マンガ・アニメ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
トルコより | top | ホラーなマネキン達

コメント

# そうそう
「漢字かっけー!」
って、僕も思いました、エヴァ。
そういうわけではないけども、現在、漢字バルダック制作中。
by: teppeiyama | 2011/03/11 03:45 | URL [編集] | page top↑
# Re: そうそう
左馬みたいなやつですか?
あれ、面白いですよね。

ほんとに漢字かっけーんで、漢字バルダックはトルコ人に受けそう。
漢字、たまに不思議な使い方をされる外人の方、いますよね。
前に気になったのは、若くてかわいいクロアチアの女の子、足首のタトゥが「夏」。
「・・・・夏かぁ。夏、好きなのかな・・・」


by: マカパカ | 2011/03/13 07:55 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://makapaka.blog90.fc2.com/tb.php/27-598ee999
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。